■商品内容 能登産丸干しいか 100g入り(サイズによって違いますが約3〜4枚です)(メール便) 原材料:するめいか、食塩、砂糖、いしり(魚しょうゆ) ) 製造者:株式会社西海水産 石川県羽咋郡志賀町西海千ノ浦ヲ11  封筒サイズ:185mm×300mm×19mm ■賞味期限 冷蔵で30日間 冷蔵庫(10℃以下)で保存して下さい。

※表面に白い粉がふいている場合がございますが、塩分・糖分・イカのたんぱく質によるものですので、安心してお召し上がりください。

■召し上り方 表面に軽く焦げ目がつく程度に焼いてお召し上がりください。

■お届け日 ※ご注文2〜3日後、郵便受へメール便投函予定(ご注文後5日ほど余裕をもって下さい。

) ※ご注文確認後に配送いたします。

■配送方法 メール便!郵便受投函 ■ギフト お歳暮/お中元/父の日/母の日/敬老の日/誕生日/お礼/お祝い/各記念日/小料理屋/ご家庭用ににどうぞ! ■関連商品 ●丸干しいか まとめてお得5箱セット ●丸干しいか まとめてお得10箱セット ●丸干しいか まとめてお得20箱セット ●丸干しいか まとめてお得ど〜んと2kg ●丸干しいか まとめてお得ど〜んと4kg ●丸干しいか まとめてお得ど〜んと6kg ●送料無料丸干しいか100g入りメール便 ●送料無料丸干しいか大サイズ2尾入り メール便 ●送料無料丸干しいか中サイズ2尾入り メール便 ●送料無料丸干しいか777円ポッキリ メール便 ●たっぷり250g入り丸干しいか ●送料無料 たっぷり250g入り丸干しいか×5箱 ●送料無料 たっぷり250g入り丸干しいか×10箱 ●特別企画【特大】匠よしかず丸干しいか1尾メール便 ●送料無料【特大】匠の味よしかず丸干しいか1kg ●送料無料【特大】匠の味よしかず丸干しいか2kg ●送料無料【特大】匠の味よしかず丸干しいか4kg ●送料無料【特大】匠の味よしかず丸干しいか6kg ●送料無料ほたるいか30g入りメール便 ●ほたるいか まとめてお得5袋セット ●送料無料ほたるいか まとめてお得10袋セット ●送料無料ほたるいか まとめてお得15袋セット ●送料無料ほたるいか まとめてお得20袋セット ●送料無料ほたるいか まとめてお得25袋セット ●送料無料ほたるいか まとめてお得30袋セット ●訳ありもみいか(丸干しいか)1kg ●訳ありもみいか(丸干しいか)2kg ●訳ありもみいか(丸干しいか)4kg ●訳ありもみいか(丸干しいか)6kg【1500円ポッキリメール便】【送料無料】  全国の居酒屋が選んだ伝説の丸干しいか100g特選 能登名産 スゴ売れ♪

能登産するめいかの肝入りで能登伝統の魚醤「いしり」仕立て。

コクと旨味のこだわりの逸品です。

晩酌のお供にビール、日本酒どちらにも合う美味しさです。

 能登小木産のするめいかで、船凍いかでも釣りいかのみを使用しており鮮度抜群。

 いかの肝入りで能登伝統の魚醤「いしり」仕立て。

 定置網などであればいかの中に小魚などが入り込んで異物の原因になりますが、この丸干いかはその心配もありません。

 「能登産するめいか」コクと旨味のこだわりの逸品です。

晩酌のお供にビール、日本酒どちらにも合う美味しさです。

また、ご飯のおかずに・お茶漬けに、何ともいえない内臓の旨味が自慢です。

【おいしい丸干しいかの召し上がり方】  丸干しいかは、本来軽くあぶって召し上がるものですが、焼き過ぎや、時間が経って冷めてくると硬くなります。

そこで、誰が焼いてもやわらかく食べる方法は、いかを表裏両面焼いてから熱いお湯の中に5分程浸けてから、料理バサミでお好みの大きさに切ってお召し上がりください。

冷めて時間が経っても柔らかいまま召し上がれます。

塩分が少し落ちる程度で、味が落ちることはありません。

 飲兵衛様にはもっととっておきの方法がございます。

丸干しいかを焼く前に、日本酒に5分程浸してから焼きます。

すると時間を置いても美味しく柔らかくいただけます。

美味しさや風味も増しますよ! 軽くあぶって料理ばさみで細く切っても良し。

手で裂いても味がよく出ます。

中から出てくるトロリとしたイカのワタがたまらない! ▲メール便は封筒投函になります      (封筒サイズ 185mm×300mm×19mm) (パッケージのデザインが変わる場合がございます。

) のとコムスタッフぱんちが試食してみました。

パッケージをあけた瞬間、食欲誘うイカの芳醇な香り。

軽〜くあぶると、香ばしい香りもあわさり、部屋中にイカの香りが広がります。

(ただし室内で洗濯物を干してる場合はあぶる前に別の部屋へ移しましょう) あつあつのいかを手でさくようにちぎると、中からトロリとワタが出てきます。

あぁ〜、早く「試食取材」を終わらせて、一杯飲みたいわーーー!!   香りに誘われてぱんち姫がやってきました。

見つかってしまったか・・この子、好きなのよねー。

あー、かーちゃんの酒の肴をーーー! んじゃ1切れだけねー。

ぱんち姫、げそを手にしました。

やはりお子ちゃまには黒いワタは興味なしかな??   パクリ。

・・・・・・・モゴモゴ ( ̄〜 ̄) かなり長い時間をかけて噛み締めてます。

「どう?美味しい?」 「・・・・・・・モゴモゴ」 「おーい、何か感想言ってよー」 「・・・・・・・モゴモゴ」 感想を言う間もなく、続いて胴の部分を手にしたぱんち姫。

あー、ワタがいっぱいついてるところを食べるんか〜っ! はたして、この濃厚なイカの内臓、ぱんち姫のお口に合うのでしょうかー?! おーっと、右手で美味しいとサインしてます! その後、主人と晩酌をしていたところ、横から1切れ、2切れとぱんち姫&ぱんち王子にとられてしまいました・・結局この日は家族4人で3パイ完食! あ、私ぱんちの感想? それはそれは、お酒のすすむことすすむこと・・ やはりあのトロ〜っとした濃厚なスミの部分が最高ですね。

時間がたっても思っていたより硬くならず、でも弾力のあって味のあるイカは食べ応えがあり、知らぬ間に夫婦そろってお酒の量も増えてしまいました・・飲みすぎにはくれぐれもご注意くださいね・・。

  【神奈川県 H様】  ただいまぁ、ふぅー今日も疲れたよ。

なに?宅配便が届いている?どれどれ、おっ!ネットで注文した「イカ珍味」やん。

 イカの丸干し。

確かホームページでは、軽くあぶってから食するとあったはず。

あぶるって行為は、ガスより七輪が趣きがあっていいよなぁ…って思いつつイカをあぶる。

表面に軽く焦げ目が付いて香ばしい匂いが漂ってきた。

うん?この匂いは日本酒よりビールが合うかも。

身の部分を1センチ程度に切って、「げそ」は2本づつ分けてっと。

まずはビールを(プシッ!ゴクゴクゴク)。

プハー!うめ−。

モノを食する前のビールっていいね、これからガンガン食って、バンバン飲んでやるぞって気合い入れみたいでさ。

まずは「げそ」から食する。

見た目は固そうだけど、意外と柔らかい。

(モグモグ、ゴクゴクゴク)。

うん、しょうゆ味が染み込んでいるから、このままで十分だね。

なにぃー?マヨネーズが合うかもだって?そんなの合う訳ないやん!!・・・でも試しに一本だけ(モグモグ)・・・う、うまいやん。

ビールを(ゴクゴクゴク)。

「げそ」本来の甘味としょうゆ味とマヨネーズ、そしてビール、相性いいね。

相性がいいということは、食べればビールが飲みたくなり、ビールを飲めば食べたくなるということなんだな、ふむふむ、納得。

(モグモグ、ゴクゴクゴク)。

えっ!親父が一味とうがらしを振り掛けて食べている。

どれどれ・・・うーん、これも、また美味なり(モグモグ、ゴクゴクゴク)。

やっぱ七味より一味だよね。

自分の好みだけど、七味の山椒が気になるんだよな。

 次に、身の部分を食する。

うーん?この内臓の苦味はビールより日本酒が合うかも。

先日の祭りで残った純米酒を取り出して(トクトクトク、グビッグビッグビッ)。

プハー!うめー。

口の中に丸干しの味が残っている時に、日本酒を口に含む。

丸干しの身の部分の甘味・内臓の苦味と日本酒が口の中で混ざり合う、それぞれが相手の食のおいしさを引き立てる。

この瞬間が最高だね。

酒が飲めない人は、つまみと酒の相性というか、食の相乗効果というか、この感覚が体験できないのだよね、勿体ないね・・・と、思うだけで、彼らは二日酔いって経験がないから、同情なんかしないよ。

ありゃー、丸干しがもう無くなったやん。

自分はイカ一杯の半分しか食していないのだけど・・・。

    

レビュー件数216
レビュー平均4.19
ショップ んまーいmon屋
税込価格 1,500円